よくあるご質問

メールのアイコン

お問い合わせ

ネズミについて

A.

きれい・汚いに関わらず建物にネズミが侵入する隙間や穴があるからです。

居住空間(建物内部の人がいる空間)にネズミの形跡(姿・糞・足跡・被害)があれば、建物の内部に出入りできる隙間や穴があるということですし、壁や天井裏で音がするだけであれば、今のところ建物内部に隙間や穴が無い可能性が高いです。同じネズミがそこで長く生息すると、今後は内部のどこかに穴を齧って開けて居住空間に侵入してくるか、天井裏の電気コードを齧られる可能性があります。

A.

ネズミの種類はたくさんありますが、私たちに関わりのある種は家ネズミといわれるドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種です。

【ドブネズミ】3種の中では一番大きく、体長18~28cmくらい、主に下水を中心に活動し、昔からあるネズミ取りで簡単に捕まり警戒心は少ないのですが、齧る能力は半端なく、侵入口を金網で塞いでも齧って侵入する凶暴さは凄まじいです。動きの特徴は平面的で、上ったり下りたりが苦手です。

【ハツカネズミ】3種の中では一番小さく体長5~9cmくらいで一番かわいらしいく主に田畑を中心に活動しています。よくテレビで実験などに登場するハツカネズミが白色なので、ハツカネズミ=白色と思われている方がいますが、あれは人口的に白色にしているだけのことで、通常はいわゆるネズミ色です。ドブネズミ同様警戒心は少なく、動きの特徴は平面的で、上ったり下りたりが苦手です。普通の毒で駆除するのが難しく、硫酸タリウム等のちょっと人間にとって危険な毒を使わないといけないので、通常は粘着式トラップで簡単に捕獲できるので、これが最良の方法です。

【クマネズミ】3種の中では中間の大きさで体長14~24cmくらいですが、一番やっかいで手ごわいのがこのクマネズミです。そして、我々業者でも手を焼く、「困った」とほとんどの依頼がこの種です。

動きの特徴が他の種と全く異なり、運動能力に優れており、平面でなく3次元的な動きをするので、防除の際も立体的な視点でとらえることができるかが最大のポイントです。事実、電線等をつたうのは日常茶飯事ですが、極端事例としては、垂直のコンクリートの壁を走って勢いをつけて上るのではなく、ゆっくりと上っているのを見たときは本当に驚きでした。

おまけに警戒心が他の種と全く比べものにならないくらい強いことが、プロをも泣かせる原因です。

都心のビルから田舎の田畑まで、あらゆるところに生息するクマネズミ・・・

保健所への被害相談件数が年々増加していることから、今後も要注意が必要です。

A.

元旦に2匹の大人のカップルがいれば365日後の大晦日には10,000匹には計算上なってしまいます。実際は、餌や環境などの自然淘汰でそこまではなりませんが。駆除期間中にも増え続けるのでやっかいなのです。

A.

クマネズミである確率が高いのですが、必ずネズミとは限らず、コウモリ・イタチ・ハクビシン・アライグマ・ムクドリ・スズメなどだったりすることがあります。自分で出来るのであれば、実際に天井裏を見て足跡・糞等の確認することをお勧めします。怖かったり気持ち悪かったり、または自分で天井裏を見ることが不可能な場合は、業者に見てもらうと良いです。

A.

このケースは、まずコウモリの糞と思って間違いないでしょう。クマネズミの糞と見分けが付きにくいですが、簡単にわかる見分け方を特別にお教えします。

クマネズミの糞は手の指で簡単に潰れませんが、コウモリの糞は簡単に粉々になります。コウモリは普段飛翔昆虫を食べているので、昆虫の目や脚(あし)が消化されずに排泄されて糞に含まれているためです。コウモリの糞を顕微鏡で見ると、昆虫の目や足が確認できます。

A.

もちろん、ネズミが厨房に徘徊してるようであれば、通常でいえばサルモネラ菌や大腸菌群の殺菌消毒をした方が良いでしょう。食中毒はあなたが考えているよりも何百倍も実際に起きていますが、日本人の我慢する美徳と多数の人が起きないと問題にしないことで守られていることを知るべきでしょう。そんなことよりも一刻も早いネズミ駆除が先決で、逆にネズミがいなくなればそんな余分な仕事は無くなりますし、その分お店がやっていけるのはお客さんのおかげなので、お客さんのためになることの仕事時間を増やすことが何より大事なのです。

料金について

A.

全く同じ商品の価格が違うように、ネズミ駆除も業者によって価格の差は大きく違います。

特に、我々は物販と違いサービスという役務の提供となると、ネズミ退治をどうとらえるかという根本的な考え方で、駆除法・防除法が変わってきます。駆除法・防除法が変われば、それにつれて価格が変わるのも当然です。

ネズミがその建物に出没するということは、戸締りをきちんとしないなどのモラル面を除き、建物に外から侵入する入口が存在するからです。

弊社のネズミ退治の基本的な考え方は、今いるネズミを駆除して、その後は、その侵入口を封鎖または、そこに行けないようにして、外部侵入を断ちネズミを建物に入れないということです。ですから弊社ではネズミから建物を防御するという意味で、ネズミ駆除ではなく、ネズミ防除という言葉をあえて使っています。

弊社での見積のパターンは現在4通りです。

◆6か月保証・・5万円~

◆1年保証・・・8万円~

◆5年保証・・・10万円~

◆年間管理・・・6万円~

1.ネズミの生息数 2.駆除の難易度 3.侵入口封鎖の数や難易度 

4.お客様の協力度 5.建物の立地条件 6.作業時間帯

などによって価格が変わってきますが、見積金額からの追加料金は一切ありません。

しかも

A.ダニ駆除 B.殺菌消毒 C.断熱材撤去 D.糞や巣等の清掃 E.点検口設置

などの余分なものは基本的に省き、今ある環境で対応するように心がけるようにしています。それは、所詮たかがネズミなのであまりお金をかけたくないというお客様の心理はよくわかるため、コストダウンを図り必要最低限にするということです。

もちろん、ABCDEもご要望があれば対応はさせていただきます。

基本はこの4つの見積パターンですが、ご要望により仕様は自由に設計できます。

【6カ月保証】 たとえば、建物の取り壊しが近いのがわかっている場合など、今いるネズミの駆除が出来れば良いという目的のもの。その後の侵入に関しては、定置に設置の毒餌で駆除する。毒餌の鮮度から6カ月が限度ということで、保証が6カ月になっています。

【1年保証】 ネズミの駆除完了後に新たにネズミを侵入させないために、簡易的に侵入口を封鎖したり侵入防止対策をして1年間ネズミを侵入させない目的のもの

【5年保証】 「1年保証」よりも侵入防止対策を長期に持つようにしてより強固な防除で5年間ネズミを侵入させない目的のもの。弊社の技術品質を形にしてみた日本初で他社の追随を許していないサービスです。

保証の途中で点検をしないことが他業者と違うところで、これがすごいコストダウンになり圧倒的な支持を得ている点です。

【年間管理】 たとえば、昔の農家の倉庫の様な建物ですと、侵入口を封鎖したり侵入防止対策がかえってコストが高くなってしまう場合、6カ月保証と同様に毒餌で駆除し、新たな侵入に対しても常時設置の毒餌で常に駆除するというもの。毒餌の鮮度から6カ月が限度ということで、6カ月ごとの毒餌の補充や交換をします。

*ネズミを建物に侵入させなくすることを圧倒的にコストダウンできるマル秘の弊社のノウハウはいくつも持っていますが、手品のタネに当たるので、これは同業者も知りたがっているため申し訳ありませんがここではお話できません。

A.

弊社は、ネズミ駆除が失敗した場合はお金をいただきません。

確かにそれまでにかかった人件費や交通費や施工にかかった材料費を請求するのがまともな会社で正当な理由だと思いますし、正直ほしいのが本音です。

しかし、私どもみたいな信用もない小さな会社が、大きな会社と勝負するためには、お客さんにメリットがあり私どもにデメリットがあるこれくらいのリスク(月謝と思う)を負わないといけないでしょう。

逆に、それだけ防除技術の品質に自信があり日本一だと思っていることと、自分たちがお客だったらおさまってもいないのにお金を払いたくないということ。

私たちの価値は、何回何時間作業したということではなく、ネズミがいなくなった状態のサービスを買っていただくことにあると考えているからです。

現に今まで駆除に失敗したことはなく、おさまるまであきらめずに何とかしてきました。(簡単ではなく大変なんですけれどもトホホ)

調査・お見積もりについて

A.

何もしてもらうことはありません。

必要なことがあればこちらでやりますので、ご安心を。

これといって構えてもらう必要はありませんし、作業中も日常の生活をしていただけます。

A.

そんなことはありません、最低限で結構です。

この質問をされる方は、「ネズミが出る=汚くしているからだ恥ずかしい」と思い込んでいる方が多いようです。確かに汚くしていてネズミが増えやすくなることはありますが、あくまでネズミがでる原因は外からの侵入口があるからで、何も恥ずかしいことではありません。

A.

自分たちが嫌いなので、一切いたしません。自分がされたら嫌なことは人にはしないのは、人間として当たり前ですよね。見積を提出して、頼みたかったら連絡はくれるでしょうし、頼みたくない断りの連絡は誰でもしたくありませんもんね。

連絡がなかったらご縁が無かったとあきらめることにしていますので、どうかご安心してお気軽にご相談下さい。

ネズミ駆除について

A.

これは、正直取りかかってみないとわかりません。

両極端のケースをお話しすると、早ければ施工したその日からいなくなるケースもありますし、

数ヶ月間かかるケースもあります。これは、ネズミの育った環境と学習による警戒心の強さによって変わってくるからです。

通常は、数週間のうちにはおさまります。

A.

恐らくネズミに寄生するイエダニのことですね。

現在、イエダニの被害がひどく駆除を希望される場合は、イエダニの駆除はもちろん可能です。

しかし、ネズミを駆除すれば寄生する宿主がいなくなるわけですから、駆除後数週間から1ヶ月くらいまでに自然とイエダニはいなくなります。ここまで我慢できるのであれば、あえて余分にお金をかけてイエダニ駆除をする必要はないと弊社は考えております。

A.

もちろん大丈夫ですよ、お気軽にご相談ください。