お役立ち情報

メールのアイコン

お問い合わせ

アライグマの特徴と効果的な駆除方法とは?

アライグマはアニメのキャラクターになったり、ぬいぐるみになったり、その愛らしい風貌が人気で、日本でもペットとして飼われていた時期がありますが、農作物に被害を与えたり、都市部でも騒音や悪臭、感染症の媒介、ゴミを荒らす、ペットに危害を加えるなどの被害が拡大し、問題になってきています。

そこで今回は、アライグマの特徴と効果的な駆除方法をご紹介します。

 

 

1.アライグマの特徴

アライグマの特徴と効果的な駆除方法とは?

アライグマはペットとして輸入された個体が逃げたり、実際に飼ってみると狂暴で大変なので捨てられたりした結果、野生化して増えてしまい、農作物に被害を与えるようになってしまいました。

現在では、外来生物法により「特定外来生物」に指定され、飼育は禁止されています。

可愛らしい見た目ですが、成獣は気性が荒く、特に発情期や、追い詰められたときには凶暴になるため、注意が必要です。

 

□外見

体長は40cmから60cm程度、尾長は20cm〜40cm程度、体重は4~10kg程度で、まれに20kg程度の個体もいます。メスはオスよりも一回り小さいです。

よく似ている動物にタヌキがいますが、タヌキよりは一回り大きいです。

アライグマは髭が白く、耳に大きく白い縁取りがあり、体の色は灰色です。そして、長いふわふわの尾に縞模様が入っているという大きな特徴があります。足の指が長いのも特徴でしょう。

「クルルル」「キュー」といった、高い声で鳴きます。

 

□運動能力

アライグマは、非常に手先が器用で、手で獲物をとったり、重いものを動かしたりすることができます。しかし、穴を掘ることはしません。

垂直方向に1m以上ジャンプすることができ、水平方向へもジャンプできますが、稀な行動であるとされています。

バランス感覚が優れているため、木はもちろん、垂直の針金にも登ることが可能です。

泳ぐことも得意ですので、行動範囲が広い動物であるといえます。

目は、あまり良くありません。

 

□食べ物

雑食性です。

昆虫・爬虫類・哺乳類、鳥類やその卵、そして泳ぎが得意なこともあり、魚類や甲殻類も食べます。また人間が出した生ゴミや残飯も食べます。農作物も食べ、中でも特に甘いものを好み、ミカン、カキ、ブドウ、ナシなどの果物やスイートコーン、スイカ、ミニトマトなどに被害を与えることが多いです。

 

□巣

巣は自分では作りません。木や屋根裏を寝床としたり、他の動物が作った巣を奪い取って寝床にしてしまいます。

 

□繁殖能力

アライグマは、一夫多妻制で、繁殖力が高いといわれています。年1回春に繁殖しますが、失敗した場合は秋にも繁殖を行う場合があります。1度に出産するのは3〜6頭です。

生後1年ほどになると子供を産むことができるようになり、妊娠期間は約2ヶ月です。寿命は5〜10年程度だといわれていますが、飼育下では20年以上生きた個体もいます。

 

□天敵

天敵はオオカミやオオヤマネコなどの大型の肉食獣ですが、日本ではほとんどいないため、日本にアライグマの天敵はいないに等しく、急激に増加してしまうことがあります。

 

□苦手なもの

嗅覚の鋭い動物なので、強い臭いを嫌います。特にハーブ系やトウガラシのニオイが苦手です。

 

□習性

元々は森林地帯の水辺付近を好む動物ですが、原産地の北米大陸では乾燥地帯から山岳地帯までほぼ全域に生息しているようです。日本でも農村地帯や森林地帯だけでなく、都会のビル群の中でも生息しており、その適応範囲は広いです。

夜行性ですが、昼間でも行動する様子が目撃されることがあります。

 

同じ場所で繰り返し排泄をおこなう「溜めフン」という習性があるため、悪臭被害や家屋の損壊被害、糞尿含まれる様々な菌による感染症の発生リスクがあります。感染症の中には、アライグマ回虫という、最悪の場合死に至るような感染症も含まれているため、注意が必要です。ダニやノミにより、アレルギーを発症する可能性もあります。

 

基本的に冬眠はしませんが、-4℃以下になると冬ごもり(半冬眠)をするようです。

 

 

2.アライグマを侵入させないための対策

アライグマの特徴と効果的な駆除方法とは?

アライグマは雨風をしのぐことができ、あたたかく、エサが豊富な屋内が快適であることを学習していて、なんとかして侵入しようとします。

侵入されないような工夫、そして追い出すための工夫をご紹介します。

 

2-1 侵入経路を作らないようにする

アライグマは、ペットの動物やコイ・金魚を襲ったり、生ゴミなどを漁ったりすることがあります。そのため、生ゴミを屋外に放置したり、屋外で小動物やコイなどの魚を飼ったりしないようにしましょう。すでに飼っている場合は、屋内に移動させるか、池に網をはるなどの対策が必要です。

夜行性なので、人気の少ない夜のうちから生ゴミを外に出すと、アライグマの格好の餌食になってしまいます。ゴミは決められた時間に、しっかりと口を縛って出すようにしましょう。

甘い匂いにもよってくるので、缶ジュースやペットボトルを捨てる時にも、中を洗ってから出してください。

アライグマは見かけによらず、猫のように柔らかい体をしています。そのため、頭が入る(大人の握り拳程度)隙間があれば、そこから侵入できてしまいます。屋根裏や床下などに通じる穴、換気扇や通気口などをふさいでおきましょう。

力が強く、器用なので、簡単に取り付けただけでは、障害物を破壊したり、剥がしたり、移動させたりしてしまうので、金属板をしっかりはりつけるなどの工夫が必要です。

また、木登りが得意なので、高いところでも木を伝って侵入してしまう可能性があります。屋根や窓、ベランダに近い庭木の枝は剪定しておきましょう。

 

2-2アライグマが嫌う仕掛けをする

①強い臭いを発するものをおく。

アライグマは嗅覚が発達しているので、強い臭いを発するものが苦手です。

アライグマが苦手とするハッカなどのハーブ系やトウガラシの臭いがするものや、天敵であるオオカミなどの大型肉食獣の尿の臭いがするもの、その他害獣用の忌避剤などを侵入口や侵入経路にまいたり、新聞や布などに染み込ませて置いておくと、アライグマを遠ざけたり、追い出す効果があります。

 

②超音波を発するものをおく。

アライグマに限ったことではありませんが、害獣が苦手とする人間には聞き取れない超音波を出す装置などを利用すると、アライグマを遠ざけたり、追い出す効果が期待できます。同じ音では、学習能力が高いアライグマは慣れてしまうので、ランダムに違う超音波を出す必要があります。

 

 

3 アライグマの駆除方法

アライグマの特徴と効果的な駆除方法とは?

住みついてしまったアライグマを、臭いや音で追い払おうとしてもうまくいかないことも多いです。

しかしアライグマは「特定外来生物」に指定されていて、「鳥獣保護法」という法律で守られているため、勝手に捕獲したり危害を加えたりすることはできません。もし違反した場合は、最悪の場合1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられることもあります。

 

アライグマは農業被害や生活被害を与えることがあり、媒介する菌の中には、命を脅かす恐ろしい感染症の感染リスクもありますから、放置しておくわけにはいきません。都道府県知事の鳥獣捕獲許可を受けている業者であれば、捕獲などの駆除策をとることができますし、駆除後に掃除・消毒、適切な防除を行ってくれますので、一度相談してみることをお勧めします。

 

 

4 まとめ

可愛らしい見た目とは裏腹に、気性が荒く、場合によっては人間に攻撃することもあります。また、感染症の媒介も怖いですよね。しかも、学習能力が高く、器用なので、ちょっとした対策をするだけでは、効果が見られないこともあるでしょう。

できる範囲の対策をしても効果が見られない場合、住みつかれてしまった場合には、プロの業者に相談し、しっかりと駆除・防除してもらうこと検討してくださいね。

職人社長体験記一覧